草原の色、空の青

格安航空券を旅行に使うメリットとデメリット

格安航空券を旅行に使うメリットとデメリット

旅行で飛行機を利用する方は少なくありません。目的地まで短時間で行けるようになるため、利便性の高い交通手段と言えます。しかし、運賃が高いことから、旅費が膨れ上がる恐れもあるのがネックです。もし旅行で飛行機を利用するなら、格安航空券も検討してみると良いでしょう。

交通費の節約が可能

格安航空チケットはメリットも多くあります。特に大きな魅力とも言えるのが、チケット代の安さでしょう。正規運賃の半額以下で購入することも珍しくないため、交通費の大幅な節約が可能になります。往復で利用すれば、節約効果はより大きくなるでしょう。

浮いた費用を他に利用できる

また、浮いた交通費を他の費用の充てられることもメリットです。例えばお土産代に回したり、ホテルをワンランク上のグレードにするなど、旅行をより豪華にすることも可能になります。もちろん旅費自体を節約したい方にも最適です。

閑散期は特に使いやすい

格安航空券は時期によってディスカウント率や運賃が変わりますが、閑散期の旅行には特におすすめです。路線によっては70%オフ以上になることもあるため、片道あたり数千円ほどで飛行機を利用できる場合もあります。繁忙期を避けて旅行する方は、格安航空チケットも候補になるでしょう。

予約が満席になるおそれ

満席御礼の表示
一方でデメリットもあります。特に格安航空チケットは狙う方も多いため、人気の路線だとすぐに予約が満席になってしまいます。早めに予約を取らないといけないため、旅行日程・スケジュールも早めに立てておきましょう。1~2ヶ月程度前には予約を済ませることが望ましいと言えます。

欠航時の補償がない

飛行機は、天候によってフライトできない場合がありますが、格安航空チケットはフライト欠航時の補償がありません。もし宿泊が必要になった場合、現地での宿泊費や移動にかかる費用はすべて自己負担となります。当日のフライト情報には注意が必要です。

スケジュールがずれる可能性も

フライトに関しての補償が無いことから、翌日の便に振替されてしまうなど、スケジュールに影響が出てしまう可能性もあります。格安航空チケットを予約する際は、こうしたリスクにも備えておいたほうが良いでしょう。

利点と欠点を加味して利用を

格安航空券はメリットとデメリットがあります。旅費を浮かせられるメリットがありますが、満席や欠航時などのリスクも存在しますので、旅行で利用する際は検討してから決めると良いでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力・メリット目白押し。格安航空券はこう使おう!All Rights Reserved.