草原の色、空の青

格安航空券を予約して搭乗するまでの流れ

格安航空券を予約して搭乗するまでの流れ

格安航空券は格安料金で飛行機を利用できますが、利用する前には予約や搭乗の流れを知ることが大切です。しかし、飛行機に乗り慣れていない方や、まだ利用したことがない方も多いと思います。格安航空チケットを利用したい方は、まず流れを把握しておきましょう。

チケットを予約する

まずやるべきことが格安航空チケットの予約です。チケットを予約しなければ利用できませんので、必ず事前に予約しておきましょう。ただ、割引率や料金、空席照会を忘れてはいけません。これらも前もってチェックしておくことをおすすめします。

搭乗日の確認を忘れずに

丸の付いたカレンダー
予約をする前に、搭乗日の確認を行っておきましょう。格安航空チケットは予約変更が難しいため、間違えていると手間が増えてしまいます。また、キャンセル料が発生する分割高になりますので、必ず確認しておきましょう。

料金を支払う

格安航空チケットの予約を済ませたら、所定の方法で料金を支払いましょう。ほとんどの場合はクレジットカードを利用できますが、支払い方法は購入する場所によって異なる場合があるので注意が必要です。

前日に再確認を

チケットを予約し、フライトの前日になったら、もう一度予約内容を確認しておきましょう。もし途中でキャンセルが必要になった時は、それが判明した段階でキャンセルすることをおすすめします。

空港へ向かう

遅刻しそうな人
フライト当日になったら空港へ向かいましょう。フライトの2時間前には到着しておくことが望ましいと言えます。ギリギリだとチェックインできないため、早めに向かうようにしましょう。

チェックイン手続きを行う

空港へ到着したらチェックイン手続きを行います。航空会社によってはスマホで手続き可能です。あるいはカウターでチェックインを行い、手荷物の預入手続きなども済ませましょう。チェックインが完了したら、係員の指示に従って保安検査場へ向かいます。

搭乗ゲートに向かう

保安検査場で荷物のチェックなどを済ませたら、そのまま搭乗ゲートへと向かいます。後はフライトの時間を待つのみとなりますが、搭乗ゲートはフライト10分程度前に閉鎖される場合が多いため、時間はしっかりチェックしておきましょう。

流れは難しくない

格安航空券の予約や搭乗の流れは決して難しくありません。一度慣れてしまえば簡単ですので、チケットを予約する際の搭乗日確認と、フライト当日のチェックイン・搭乗手続きの時間にのみ注意しておきましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力・メリット目白押し。格安航空券はこう使おう!All Rights Reserved.