草原の色、空の青

格安航空券と通常の航空券の違い

格安航空券と通常の航空券の違い

近年は格安航空券の人気が高まっています。しかし、一般的な航空チケットはどのような違いがあるのでしょうか?ただ安いだけ、と考えている方も多いと思いますが、様々な違いがあるのです。その違いが人によっては利点にもなりますし、欠点にもなりえるため、違いはしっかり覚えておきましょう。

ディスカウント率の違い

お得マーク
通常の航空券と格安航空チケットの大きな違いが割引率です。一般の航空チケットは正規運賃での利用が多くなりますが、割引があっても10%~30%程度です。しかし、格安航空チケットの場合、割引率は50%~70%程度となります。運賃に大きな違いが現れるのが特徴です。

機内サービスも異なる

割引率と同様、大きな違いと言えるのが機内サービスです。格安航空チケットは機内サービスが限られており、有料のサービスが多くなっています。ただし、航空会社により違いがありますので、利用前に確認しておきましょう。

預入荷物の違いにも注意

預入荷物の最大重量も異なります。特に格安航空チケットは制約が厳しく、少しでもオーバーすると追加料金が発生します。航空会社ごとの荷物の最大重量をチェックすることはもちろん、荷物を少なくするなどの工夫を行いましょう。

予約手数料の違いも

格安航空券を予約すると、数百円~数千円の手数料が発生します。一方、通常の航空チケットの場合、手数料がかからないことも珍しくありません。格安航空チケットは運賃と手数料が別々に計算されるため気を付けましょう。

予約変更の対応

通常の航空チケットは予約の変更も可能ですが、格安航空チケットは予約変更できないのが一般的です。予約を取ったらキャンセル対応のみとなります。

キャンセル時の手数料

キャンセル時に必要な手数料ですが、格安航空チケットと一般の航空券には違いがほとんどみられません。キャンセルする時期によって異なるものの、いずれも同じと考えておくと良いでしょう。

安全性に違いはない

また、安全性に関しても違いはありません。格安航空券は不安がある方もいらっしゃると思いますが、通常の航空会社と安全面で異なる点はありませんので、安心して利用できるのではないでしょうか。

どちらが良いかは人それぞれ

格安航空チケットと通常の航空チケットは、様々な点で違いが見られます。どちらを利用するかは人それぞれですが、料金を安く抑えたい方は格安航空チケットがおすすめです。サービスを重視するなら通常の航空券が良いでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力・メリット目白押し。格安航空券はこう使おう!All Rights Reserved.